WEBスペースの終了

インターネット初期の時代には、インターネットプロバイダがユーザーにサーバのディスクスペースを提供して、ホームページを公開できるということを売りにしていました。メールアドレスもそうですね。

ただ、時代の流れとともに、

無料のブログが登場して、ホームページを作成する個人ユーザーが減った。GoogleやMicrosoftが無料のメールアカウントを提供するようになった。ということから、どんどんプロバイダが、無料のホームページスペースや、無料のメールアカウントの閉鎖をしています。

インパクトが大きかったものとしては、

OCNが提供していた「PageOn」というホームページスペースですね。やはりNTTさん配下のプロバイダだけあって、利用者もかなり居ましたし。

なので、検索エンジンなどで検索、ヒットするページを見ると、PageONのサービスが終了しましたというアナウンス文が。。。最近は検索結果にヒットしなくなってきましたが。

なので、自分が利用されているプロバイダの状況を時々見た方が良いだろうなと思います。新規加入をしなくなっている時点で、サービス終了の方向で動いているとみて間違い無いと思います。中の人としては、利用比率から考えると赤字運用ですからね。

そういう方は、早めに有料のホームページスペースに移行して、旧サイトで新アドレスの通知をした方が良いですよ。プロバイダにはWEBスペースを有料で払っているから大丈夫ということも無いです。新規受付していない時点で、今後も続ける方針ではないのですから。

コメントを残す

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください