70Dを使用するようになってから、手ぶれ防止に関する考え方が変わりました。

ちょっと立て続けに、手振れ防止機能がついたレンズを購入することがあったのですが、

特に気にしてはいなかったのですけどね。

たまたま70Dにて、撮影する機会がありまして。自分が保有する機種の中で唯一2000万画素オーバー。

それで撮影していたのですが、

A16のみ撮影した画像が等倍で見ると、ブレているように映っておりまして。

もしかしてレンズが悪い?なんて思ってみたりもしたのですが、そうではなく高画素化によってかなり細かく描写できるようになったんですね。デジカメが。

1000万画素台のデジイチでは、等倍で見てもぶれているという感じはなかったのですが、70Dだけはどの画像も等倍レベルで見るとぼやけている。もしかして手ぶれ?二桁台のSSではぶれることなんてなかったと思っていたのですが、どうやら高画素化によってぶれていることが判明。3桁台のSSではブレは全くないのですが。

カメラの問題だったら、それはそれで問題かもしれませんが。

とりあえず全て手振れ防止機能がついたレンズで撮影しまくってみようと思います。

これで等倍でも問題なければ、手ブレなんですよね。

手振れ防止機能無しでも十分だという考えが崩れてしまうのかなぁ。。。

コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.