パソコンのライフサイクル(寿命?)

仕事上、絶対にパソコンが無いと仕事ができませんので

絶えず買い換えてはいます。と言っても、ここ最近は3年おきぐらい。

以前は、もっと早くて、1年強あたりで買い換えていました。

理由は、

  • OSのアップグレードするスピード(新しいOSの販売ペース)が早かった。
  • CPUのクロック数の増加も早かった。
  • 付随して、HDDやメモリの要求量も増えていった。

というところが主でしょうか。

しかしここ最近は、CPUの開発スピードも遅くなり、OSのアップグレードも遅くなり。。

そこまで買い換える必要性がなくなりました。

それと、Macに変えたというのも大きいかと。

Macにしてから、メンテナンスが楽になり、ソフトも安く買える。

とくにマイクロソフトのオフィスは、Windows版より安いんですね。

次回の記事では、Macのメンテナンスのことを書きますが、分解するときの情報も多くて、部品もいろいろと手に入れる方法があり、いいことばかりで。

Mac信者と言われるかもしれませんが、Windows機をメンテナンスするよりはずっと楽なんですね。

もし、パソコンのライフサイクルを気にされるなら、Macのほうが現在はお勧めですよ。

デザインも古さを感じさせないですから。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください