ゴールを間違えている

ホームページがリニューアルされているのを最近、目にします。

ホームページというのは、広報、宣伝の手段であって、リニューアルしたことがゴールじゃないんですよね。

でもそのホームページリニューアルがゴールになってしまっているところが、多々あります。

紙媒体でも同じなのですが、チラシなどを作ったらOKってわけじゃないですよね?

それを置いておく場所なり、配布するなりして、誰かに渡して教えることがまず重要。

そして発行枚数の大半が無くなったら、とりあえず大まかな周知できた数が分かるかと。

最後に、そのチラシを持って、宣伝しているところに来たら、一番良いゴールですね。

 

WEB、ホームページでも、何人見たかなどの数値を見ないと、

何回リニューアルしたって、なぜリニューアルしたのかよく分からない。

情報が古いから新しくしたっていう理由はあるかもしれませんが、他に例えるなら立て看板汚いから作り直したと一緒かなと。
→その立て看板をみんな見ているのですか?

今ではチラシよりも、ホームページって、どういう人が?、どこから?、何の目的で?などが分かるのです。

その情報を元に商売していかないと、やがて潰れてしまいます。

いまの情報収集手段の1位は、インターネットです。

売れない売れないと思うくらいなら、一度ホームページのアクセス解析などをしてみてはいかがでしょうか?

実はそこに売れるヒントが隠されているかもしれません。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください