コンサルって

事業規模にもよると思うんですけどね。商売と言われそうな規模だったら、第三者が聞いても、そうだよねという提案などでうまくいくと思うんです。
ただし、事業と言われる規模だと第三者がなるほどねという提案では、意味が無いかなと。
誰が聞いても、それは奇抜というか意外な発想と思う提案をしないと決して良い方向にはいかないと思うんです。

事業というと規模も大きいですから、コンサル側も下手なことを言って客先をなくしたく無い訳で。
無難な提案をすればコンサル料金はいただけるんです。成功報酬という契約でなければ。
そっちの方が良いというのは誰でも思うでしょ?

いろいろズバズバと提案をしてくれるコンサルが良いような気はします。
うっとおしい存在になりかねませんが。ただ費用は、成功報酬という契約であれば捉え方も違うかな。

元々、自分達が変われないから、外部の意見を聞きたいというのもあるでしょうし。

コンサルってのは、よく見ないといけないんでしょうね。

極端な言い方ですが、ただ相手が金を持っているから、頂けるだけ頂くというスタイルと、本気でクライアントを考えるスタイルと。

コメントを残す

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください