インターネットに活路を求めることは良いと思います。

周知、販売促進をするのに、インターネットを活用するのはとても良いと思います。

ただし方向性、手段を間違えてはいけません。

常に最前線にいるよう絶えず情報収集しているのですが、

方向性、手段を間違えているところが多いようで。

テレビや、新聞で話題になった時には

すでに下降線をたどっていることが往々にしてあります。

例えば、ネットで検索しても全く見つからない。

そしてとあるルートを辿ると現在進行形でページが更新されている。

おそらく上辺だけの情報で取り組んでしまっているんだろうなと。

そのもの自体の仕組みはよく分かっていない。取り組んでいるけれども、きちんと周知できていないんですね。

ひとまとめにインターネットだから。という理由で行ってしまっているのかなと。

そんなカンタンでしたら、自分の仕事はありません。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください