Facebookにて

インターネットに活路を求めることは良いと思います。の続きになりますが。

最近のホームページなどでは、Facebookページを作成していて、それを紹介したり、いいね!リンクを付けているようですが。

実際のところ、ビジネスに結びつけようとしたら、要らないというわけではありませんが、あまり意味がないかなと。

大きな企業などは、それなりにお気に入りに追加して閲覧してくれるとは思いますが、Facebookはファンに対してですから、一般向けではありません。

1000人以上が見れくれていれば、意味が多少あるとは思いますが、それ以下だとご近所さんに話しているなどの状況に近いと思います。

またFacebookユーザーでなければ、そのページを見てもあまり内容が分からず、離脱します。

基本、通常誰でも見られるホームページが消費者ビジネスでは一番効果があると思います。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください