蛇の道は蛇

蛇の道は蛇って言うけれど、それでも一般の人には、このネットに関する業界の詳しいカテゴリーは分からないだろうなぁと。

たとえば、

ネットでビジネスを始めようとして、商品やサービスの案だけはある。

そういうときに、まず販売するシステム、ショッピングカートを作ってもらう、もしくは有料で提供されているようなものを使うと言った場合に、もちろん有料などのシステムは、そのカートのシステムを提供しているだけなのであまり高くありません。

では作ってもらった場合は。。。システム会社に依頼すると、その機能をきちんと作ってはもらえるでしょう。ただし売ることをメインには考えておりません。あくまでもカートとしてのシステムがきちんと動くものだけを作ってくれます。依頼者側が売るためのノウハウを持っているならば話は別ですが、案だけがある場合には無駄な投資と成りかねません。

実際、同じ開発者という立ち位置で、私とほかの開発者で同じようなものを作ったとき、消費者に見せる作り方が全然違いますから。私の場合、売るためには。。。と先に考えるのですが、プログラマーと言われる立場の人はスマートにプログラムを組むにはと考えます。そのスタート地点から違うのです。

なので、大規模なネット通販会社で有名な楽天さんは、自社で開発者を抱え込んでます。楽天さんの場合は、売る方法は分かっていたり、新しい方法があったりして、それを実現化するために抱え込んでいるのです。常に抱えていた方がすぐプログラムを組んでもらえますし。開発を外に出してしまうと機密にしておきたい販売方法が、自社で公開する前に、外に流れてしまうというのもありますからね。

と、システムの話をあげましたが、売り方を知っている方は?

よくECコンサルタント、WEBコンサルタントという販売方法を知っているという方の場合は、売る方法は知っているけれども、プログラムやインフラなどの詳しい内部はあまり知りません。なので、どこかに依頼して作成してもらうか、または楽天さんやYahooさんのプラットフォームを利用して売ることになるのかと。でも大きなところはそれだけ初期費用がかかりますからね。またコンサルタントの方にも費用が掛かるわけで。

費用も規模も小さく始められるのがネットビジネスの良いところ。初期費用とかもろもろ掛かって、結局売れなかったでは。。ねぇ。。。

ある会社さんでは、

「必ず売れます」、「売って見せます」や「これは売れる(商品)サービスです」などなど。

調子よく話してくれます。でも実際は仕事があれば(お金が取れれば)いいだけ。
売れようが売れまいが知ったこっちゃ無い。
売りたい商品が売れないということに損害賠償なんてないですからね。
ネットは自己責任という言葉が付いて回ります。

また綺麗なサイトを作れば。。と考えられる方もいらっしゃるかと。

間違えではないのですが、「綺麗なサイトを」と考えてデザイナーさんに任せるのも早計。佐藤可士和さんのようなデザイナーを連想しているなら間違い。左記の方はすごいですけれども、すぐそこらへんに佐藤可士和さんのような方がいるとは勘違いしないでと。チラシのデザインを作っている方なら間違いないと言っても、それも間違いなんです。紙媒体とWEBはかなり違います。

・綺麗なサイトができたからと言って、お客さんが来ますか?
・チラシのバナーを作ってもらって、どうやってお客さんがそれを見るのですか?

綺麗な絵を見たければ、美術館に行けば見られるでしょう。
配達された新聞を見れば折りこみチラシを見ることもあるでしょう。
ダイレクトメールを見れば、バーゲンの案内など見るでしょう。

ネットはまずお客さんを呼ばないと駄目なんです。
よく目安にされるのが1万人の会員を集めないとビジネスにならない。

そこで私は、小さい楽天を目指してます。まぁ個人でできる範囲という意味ですが(笑)
あとは共に大きくなっていきましょうと。

本来の目的である「ネットでビジネスをしよう」として、相談する相手を間違えると間違えた方向に行くことがあるので気をつけてください。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください