ネームバリュー

様々なものを購入するときに、産地とか生産者を気にすると思います。

たとえば、お米のコシヒカリといえば、魚沼産とか

タイヤといえば、ブリヂストンのように。

しかし、ここ最近、ネームバリューで購入する方は減ってますね。

そのネームバリューだけで購入すると、高い金額を払うだけになることもあるらしく。。

いま経済はデフレ状態。安いものをみなさん購入されます。

タイヤでは、外国産の安いタイヤ。

家電は、韓国メーカーや中国メーカーの製品。

ようは日本製品にあまり魅力を感じないというのが大きいのかと。

メイドインジャパンは、いまでも信頼が厚いのですが、

日本メーカーではほとんどがメイドインチャイナ。それがよくないのかなぁ。。と。

製品の品質も結局外国のメーカーと一緒じゃないのか?と。それはたしかに。

ということから消費者が賢くなったというのでしょうかね。

日本メーカーさんは必死です。生き残りをかけて。

って、どうしてそのような話になったか。

プライベートな話ですが、ある白物家電ならXXXXXというメーカーさんの洗濯機を高いお金を出して購入したんですが、2年目で2回の故障。うち2回目(現在進行形)は、いまだに直らず原因不明。。

新卒会社員の初任給の金額も出して、町の電気屋さんで購入。

もう2年で使い物にならない気配。メーカーのサポートもよろしく無い感じ。

ネットで書き込みをみたら、やはりよくないメーカー(機種)みたい。

家族のものもこれに懲りて、もうここのメーカーさんのは買わないでしょうね。

次回からは電気量販店だな。販売店の延長保証も加入して。

コメントを残す

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください